本日 61 人 - 昨日 2271 人 - 累計 1824146 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

里山は熊の活動が多くなる

 信州の里山でのクマの活動が多くなり、キノコ狩りなどで入山する場合は、遭遇の危険性がある。

 長野県は、ツキノワグマ出没予測を発表しました。

 それによると、

◆ブナは凶作であるものの、全県でコナラ、クリは一定程度の結実が見られる。

 また、ウワミズザクラ、ヤマブドウなども、一定程度実っていることから、クマの大量出没の可能性は低いと推測。
 
 しかし、全体に高標高地帯の結実が悪いため、里山でのクマの活動が多くなる可能性があるので、キノコ狩りなどで入山する場合は、遭遇の危険があるので注意。


◆ブナが多い北信及び長野北部等、新潟県境に近い地域では、ブナが凶作のため、人里への出没が増える可能性があり、十分に注意が必要。


 熊は山にいるものです。熊の生息地に人間が入っていくのだから、遭遇することも当山あります。
 しかし、熊に遭遇しないようにすることはできます。


 県では、熊に遭遇しないために、

→キノコ狩り、紅葉狩り等で森林内に入るときは、複数で行動。
→鈴等の音のするものの携行。
→柿など不要な果実や野菜、生ゴミ等は適正に処理。
 
 

★熊に遭遇したら

 クマから目を離さず、ゆっくりとその場を離れる。背を向けて走って逃げると、クマは追いかける習性がある。


 鈴も音色が大事かもしれません。音が長いのが良いとか、人はいろいろアドバイスをくれますが、私は、ラジオ持参でも、鈴持参でも熊に遭遇したことがあります。
 いずれも単独ですが、、。

 複数人で行動しているのが良いのかもしれません。


関連記事
「山」関係企業が長野県に寄付 (02月05日)
新穂高ロープウェイ運休のお知らせ (11月08日)
明日から「岳都・松本山岳フォーラム」 (11月27日)
信州南部に大雪警報 (01月08日)
2016高体連長野県大会登山競技大会の採点表 (06月09日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):