本日 2852 人 - 昨日 3387 人 - 累計 1644410 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

北アルプスで遭難相次ぐ

 飛び石連休、信州の秋山で遭難相次ぐ。

 9月に入って二度目の連休となった今週も、山岳遭難が相次いだようだ。

 昨日は、北アルプスの白岳で、沖縄県の70代の男性が滑落し亡くなっています。

 また、先日(9/17)、明神岳で滑落しCPAで発見されたが、天候不良で収容ができなかった東京都の30代の男性も長野県消防防災ヘリ「アルプス」で収容された。

 この男性は、知人と二人で入山し、明神岳東稜をザイルで下降中に滑落した模様だ。

 その他、本日は上高地周辺で、アルプスの救助活動と思われる飛行が確認されている。

 信州は今週ずっと天候が悪く、今日は青空がのぞき、待ちかねた登山者が一気に入山したようだ。雨上がりの登山道や岩は滑りやすくなっている。また、大雨により登山道はかなりあれた状態と思われる。
 いつも同じ道、同じ山に登れるとは限らないので、慎重に歩いてほしい。


関連記事
乗鞍岳山スキーで重傷 (02月23日)
北ア縦走の70代男性不明 (08月31日)
自分の足に石を落とし重傷 (06月03日)
御嶽山噴火災害 捜索中止 (10月17日)
富士山初の死者 (07月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):