本日 2883 人 - 昨日 3387 人 - 累計 1644441 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

黒部湖北側付近で地震活動

 富山県東部(黒部湖北側付近)で、地震活動が活発になっていることがわかりました。

 9月16日、富山地方気象台が発表した地震解説資料によると、

 今年の8月終わり頃から、富山県東部(黒部湖の北側付近)でまとまった地震活動が発生しているという。

 いずれも地震の規模は小さというが、地震活動は9月12日頃から更に活発となり、地震の規模もマグニチュード2程度で、震源近くでは人が感じる程度の揺れとなっている可能性があるという。

 なお、活火山の弥陀ヶ原とは、直接の関係はないようだ。

 登山の際は、地震による落石等に注意しないといけませんね。

 詳細は、気象台発表資料をご覧ください。

★富山地方気象台発表資料


関連記事
上野動物園でライチョウがふ化 (06月29日)
最後の「西駒んボッカ」は今週末 (09月06日)
涸沢で氷張る (09月03日)
夏は疲労遭難に注意 (08月17日)
信州・高山村でアンチエイジング! (06月25日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):