本日 160 人 - 昨日 2969 人 - 累計 2402834 人
  • 記事検索

RSS

朝日も特集ザイテン遭難多発

 先日、北アザイテングラートで遭難が多発しているため、信濃毎日新聞が特集記事を書いたが、今度は朝日新聞も記事を書いた。

 朝日新聞の記事は次のとおり


 ザイテングラートで遭難多発 3週間で6件

 北アルプス奥穂高岳(3,190m)の主要登山道、ザイテングラートで遭難事故が多発している。8月25日以降、3週間ほどの間に6件あり、3人が死亡した。

 秋山シーズンに入り、多くの入山者が見込まれる。県警は危機感を強め、注意を呼びかけている。

 松本署によると、2日に奈良市の男性(68)が標高約2,700m付近で、6日には東京都荒川区の男性(70)が同約2,950m付近で滑落。

 9日には、同約2,800m付近で愛知県春日井市の男性(57)が滑落しているのが見つかり、いずれも死亡が確認された。

 この時期に同じ場所で遭難事故が相次いだのはなぜか。県警山岳安全対策課は夏とは違う「秋山」の気候や、誤ったストックの使い方が背景にあると見る。


 以上、9月18日朝日新聞長野版


関連記事
空木岳の遭難から2週間 (07月11日)
木曽御嶽山の山スキーで遭難 (06月01日)
秋田不明男性遺体で発見外傷なし (05月29日)
雪崩に巻き込まれたボーダー死亡 (01月21日)
前穂事故の女性は以前谷川岳でも遭難 (05月04日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):