本日 2868 人 - 昨日 3387 人 - 累計 1644426 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

奥穂ザイテンで遭難死亡事故今月三人目

 北ア奥穂高岳のザイテングラートで、男性が亡くなっているのが発見されました。ザイテングラートでの遭難死亡事故は、今月に入って三件目です。

 救急の日の9月9日、北アルプス奥穂高岳で男性が倒れているのを別の登山者が見つけました。
 男性は救助されましたが、その後死亡が確認されました。

 奥穂ザイテングラートでは、9月に入ってこれまでに2人が亡くなっています。

 9月2日には60代の男性が、9月6日には70代の男性がそれぞれ亡くなっている。
 ザイテングラートで何か起きているのでしょうか、それとも技術や体力的な問題なのでしょうか。

 いずれにしても、ザイテンを通行する際は本当に注意が必要です。


関連記事
南アで雪崩調査員が滑落 (02月05日)
西穂高で外国人遭難か (05月13日)
小学生はどうやって六日間生き延びたのか (06月04日)
爺ヶ岳で滑落の夫婦を救助 (05月08日)
検証 学習院大阿弥陀岳遭難事故③ (11月28日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):