本日 210 人 - 昨日 1872 人 - 累計 1820132 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

美ヶ原の爽やかな風に吹かれて

画像 電波銀座の「美ヶ原」の風は爽やかに流れる






画像 日本百名山でもある「美ヶ原」ですが、「電波銀座」としても有名です。信州の生活や防災にとって、ここ美ヶ原は大変貴重なところなのです。

 信越放送の電波塔の敷地内には、「電波銀座を拓く」と記した碑がある。日付は、昭和33年10月25日となっている。





画像 深田久弥氏は著書「日本百名山」で、美ヶ原を日本一の高原と評している。そして、尾崎喜八氏が詠んだ「美ヶ原溶岩台地」を紹介している。




 登りついて不意にひらけた眼前の風景に
 しばらくは世界の天井が抜けたかと思う。
 
 やがて一歩を踏みこんで岩にまたがりながら、
 この高さにおけるこの広がりの把握になおもくるしむ。
 
 無制限な、おおどかな、荒っぽくて、新鮮な、
 この風景の情緒はただ身にしみるように本源的で、
 尋常の尺度にはまるで桁が外れている。

 
 
 まさにこの歌は美ヶ原そのままである。

 この高さにこの平原があり、ほぼ信州の真ん中に位置するから、信州の電波銀座となったのであろう。

画像 毎年、訪れたい場所の一つだ。
(写真はNHKの電波塔、奥に王ヶ頭ホテル)
 頂上付近にある王ヶ頭ホテルは、通年営業をしている。冬でもホテルのバスで草原してくれるから、冬でも多くのお客さんが訪れるようだ。







画像 でも、日本百名山ですから、自分の足で登りたいもの。三城の登山口からなら、二時間も歩けば頂上だ。
(写真は三城牧場が見える)


関連記事
山岳写真展「山の断章」 (04月13日)
森太郎に会いに行こう (03月20日)
サルがライチョウを捕食 (09月01日)
市長冬の富士山登山は禁止すべき (05月18日)
米子瀑布が国の名勝に (06月17日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):