本日 1147 人 - 昨日 2323 人 - 累計 1832421 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

8月の信州の山岳遭難51件2名死亡

 2016年8月、信州の山岳において発生した山岳遭難は51件で、2人が死亡、31人が負傷した。

 2016年8月に発生した信州の山岳遭難の状況を、りんどう山の会として独自に集計してみました。

 集計結果は、遭難事故件数が51件、死者2名、負傷者31名、病気等が12名だった。
 その他道迷いが、5件7人発生している。

 
 長野県警の発表では、7月8月の遭難件数は過去3番目の高さだったというが、内容も見てみると、もう少ししっかり準備していれば防げたのではと思われるものもあります。

 自分が登れる山、しっかりした準備、行動中の的確な判断を間違わないようにしてください。


 当会がまとめた8月中の遭難状況は次のとおり
 2016 8月信州遭難事故まとめ.pdf


関連記事
警察へりは救急車ではない (07月15日)
白馬大雪渓で雪崩1人不明 (04月28日)
戸隠連峰で女性が行方不明 (11月24日)
秋田不明男性遺体で発見外傷なし (05月29日)
白馬鑓の男性は無事救助 (06月18日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):