本日 285 人 - 昨日 1892 人 - 累計 1822099 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

三日ぶりに救助

 新潟県の山へ二人で入山し、下山中にはぐれ行方不明となっていた高齢男性が、62時間ぶりに発見救助されたという。

 新潟放送によると、

 関川村の山中で28日から行方不明になっていた71歳の男性が31日、救助されました。けがもなく元気ということです。

 新潟県警のヘリコプターに救助されたのは、71歳の新潟県内の男性。

 男性は、27日の朝から友人2人と関川村の杁差岳(えぶりさしだけ)(標高1,636m)に1泊の予定で入り翌日28日夕方、下山の途中にはぐれ行方不明になっていたものです。

 30人態勢で捜索続けたところ31日正午ごろ標高380mの山小屋近くで発見され救助されました。

 この場所は立ち入り禁止の登山道だったということです。男性は、持っていた食料を食べ沢の水を飲んで過ごしていたと話していて、けがもなく元気だということです。

 以上、新潟放送2016年08月31日(水) 19:51配信


 本当にご無事で良かったです。


関連記事
ロッククライミングでまた滑落 (08月12日)
土砂崩れで谷川岳登山客など一時90名孤立 (07月23日)
常念遭難男性は小屋従業員だった (07月03日)
しつけのつもりが行方不明に (05月29日)
スイセン食べ14人中毒 (05月19日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):