本日 176 人 - 昨日 2271 人 - 累計 1824261 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

猿倉・横尾で脱水予防啓発活動

 夏山における疲労や発病、転・滑落などの山岳遭難事故の誘因と考えられる「脱水」を予防する啓発活動が実施されます。

 長野県山岳遭難防止対策協会は、北アルプスの猿倉と横尾の登山口において、「脱水」を予防するための啓発活動を実施すると発表した。

 啓発活動の内容は、
 
 この二つの登山口において、経口補水液「OS-1」(大塚製薬)を配布し、効果的な水分補給について啓発を行う。

 配布中、山岳医大城和恵氏による脱水予防に関するアドバイスの実施をするというもの。

 Dr大城は、講演会等で盛んに登山前の水分補給を説いていて、最低500ccの水分を摂って入山すべき、OS-1は熱中症予防にいいと発言している。

 何でも、『教えて!「かくれ脱水」委員会』なる委員もやっているようだ。

 この啓発活動は次のとおり行われます。

【猿倉登山口】
 平成28 年8月26日(金)5時45分~9時00分

【横尾登山口】
 平成28 年8月27日(土)7時45分~9時30分 


関連記事
山の日実行委専用Webオープン (02月05日)
小串鉱山企画展「永遠なる小串」 (10月08日)
山のグレーディング他県でも (04月08日)
御嶽山9合目まで入山可能に (09月15日)
信州の山岳道路は冬期閉鎖に (11月04日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):