本日 857 人 - 昨日 3094 人 - 累計 1645509 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

的岩にハーケン打ち込んだのは誰

画像 日本百名山の四阿山にある国の天然記念物「的岩」(まといわ)に、ハーケンが打ち込まれているのが分かりました。

 長野県と群馬県に跨る日本百名山「四阿山」(あずまやさん)(標高2,354m)の鳥居峠ルートは見どころの多いルートだが、中でも国の天然記念物「四阿山の的岩」は有名だ。

 登山口から20分も歩けば的岩に着く。
 長さ100m、高さ15m、幅2、3mの大きな石積み(実際は石積みではない)が現れる。
 
 人の手によって積み上げられたと思うほど、綺麗に安山岩が積み上げられている。

画像 積木のように綺麗に積まれたように見えるのだが、これが摩訶不思議だ。噴火によって自然に出来た自然の神秘だという。
 そんな不思議な的岩は、昭和15年に国の天然記念物に指定されたものだ。


 信濃毎日新聞の記事によると、この的岩に23本のハーケンが打ちこまれていたというからびっくり。

 どうして、自然の造形にハーケンを打ちこむのかまったく理解できない。
 自分が楽しむだけのために、天然記念物を傷つけるとは、、、。
 
 地元の長野県上田市の教育委員会では、文化財保護法などに違反の恐れがあるとして長野県教育委員会に報告するというが、徹底的に調査してほしいところ。


 一時、全国各地でこの手の事件が確認され、中には名乗り出た者もいた。一見騒動が落ち着いたと思ったのだが、本当に残念だ。

 登山は、山のルールやマナーを守ることは基本だが、法律を守らなければならないのは誰でも分かることだ。


関連記事
霊峰「戸隠山」で男性遭難か (06月15日)
シカ四万頭を捕獲へ (02月02日)
利尻で北大医学部生死亡 (04月07日)
焼岳の大噴火から百年 (06月04日)
中ア千畳敷登山道工事中 (09月16日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):