本日 115 人 - 昨日 2378 人 - 累計 1886559 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

登山届6割未提出

 長野県が7月から登山届を義務化しているが、登山届の提出は4割にとどまっていることがわかった。

 長野県登山安全条例により、この7月から指定登山道で入山する場合は、登山届が義務化されたが、残念なことに提出者は4割にとどまっているという。

 登山届は誰のために出すのか。条例があるからではない、自分が万が一遭難したときのものだ。
 
 条例を守れないような人は、信州の山に登ってほしくないですね。

 このままでは、未提出者に対する罰則が検討されるのも時間の問題かもしれません。

 山に入るなら、マナーとルールは守って欲しいもの。


関連記事
南アルプス シンボルマーク決定 (10月12日)
御嶽山噴火警戒レベル「1」に (08月22日)
明日「信州山の日」 (07月22日)
黒部ルート見学会申込始まる (03月17日)
マナスル登頂60周年 (05月07日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):