本日 176 人 - 昨日 2271 人 - 累計 1824261 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

登山は45歳から割合が高くなる

画像 登山・ハイキングをする人の割合は、45歳から高くなり、60歳から74歳が最も高い割合になることが分かりました。

 総務省が公表した平成23年に実施した社会生活基本調査によると、「登山・ハイキング」を行った人は972万余人で、全体の9%だった。
 男性の割合は9.4%で、女性の8.6%よりやや高くなっている。

 年齢別では60歳から74歳の割合が高く、男性が65歳から69歳の13.2%、女性が60歳から64歳の12.0%が最も高い割合となっている。
 なお、行動日数では男女とも75歳以上が最も多い。

 これは、登山やハイキングを楽しむ高齢者が多いということになり、体力や運動神経が衰える高齢者の登山者等が多いということは、それに比例し遭難者の数も増えるのは当然のことだ。


 地域別の登山・ハイキングの行動率をみると、1位が東京都の13.9%、2位がなぜか奈良県で13.2%、3位神奈川県、4位埼玉県、5位にやっと山岳県長野が入り11.2%となっている。

 やはり、山岳県長野に近い首都圏の割合が高くなるのは当然かもしれない。全国の状況は、信州から遠くなるほど、行動率が下がる傾向にあるようだ。


 この社会生活基本調査は、総務省が5年に一度行っているもので、15歳以上が調査対象とのこと。
 平成28年度の調査は10月に実施するという。今年の調査では、さらに高齢者の登山人気が顕著の現れるのではないか。


関連記事
菅平サニアパーク (07月10日)
山の高さが変わる (03月27日)
「信州山のグレーディング」細分評価 (01月20日)
アルペンルート全線開通 (04月14日)
大町秋山登山相談所開設 (09月16日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):