本日 1735 人 - 昨日 2271 人 - 累計 1825820 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

信州の荒天は落ちついたのか

 信州のこの一週間の天気は、荒れに荒れました。
 でも、今日からは、、。

 8月に入ってから、昼過ぎになると大雨警報が発令され、夕方には土砂災害警戒情報が発令されるという悪循環が5日も続いた信州。

 市町村によっては、土砂崩れで避難勧告が出たり、道路が寸断されたり、用水路等が溢れ住宅が水に遣ったりと、大変な一週間となりました。

 梅雨明け後の一週間は、天気が不安定になると言われるとおり、正にあたってしまったわけです。

 さて気になるのは、これからの天気。台風の進路も気になるところだが、どうなるのでしょうか。


 気象庁が昨日(8/7)発表した関東甲信地方の週間天気予報によると、

 明日(8日)は、台風第5号の影響で曇って雨の降る所がある見込みですが、その後は太平洋高気圧に覆われて晴れるでしょう。

 なお、台風第5号の影響で、関東地方沿岸部は明日から明後日にかけて大しけとなる所がある見込みです。

 最高気温・最低気温ともに平年並か平年より高く、平年よりかなり高くなる所もあるでしょう。熱中症など健康管理に注意してください。
 降水量は平年並か平年より少ないでしょう。

 以上が、向こう一週間の天気予報です。

 
 なお、長野地方気象台の予報によると、今日(8/8)は県内のほぼ全域で晴れの予報で、正午までの降水確率は0%、18時までは10%です。

 ということで絶好の山日和ですが、勤め人は盆前は休めません。残念!


関連記事
山岳写真展開催中 (02月11日)
北ア三県合同山岳遭難防止キャンペーン (08月08日)
第5回「山小屋サミットin渋谷」 (05月06日)
「長野県登山安全条例」成立へ (12月09日)
来週はウェストン祭だ (05月30日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):