本日 46 人 - 昨日 2705 人 - 累計 2328764 人
  • 記事検索

RSS

黒部五郎岳遭難事故続報ほか

 8月3日に発生した北アルプス黒部五郎岳遭難事故の続報です。

 富山チューリップテレビによりますと、

 3日、北アルプス・黒部五郎岳で起きた滑落事故で県警山岳警備隊は4日朝、救助活動を再開し滑落した男性を発見しましたが、その後、死亡が確認されました。

 滑落事故があったのは北アルプス・黒部五郎岳の標高およそ2700m付近で、東京都小平市(こだいらし)の税理士の男性(66)が登山道からおよそ100m下に滑落しました。

 4日朝、県警山岳警備隊が救助活動を再開し、男性をみつけヘリで引き上げましたが頭などを強く打っていてその後、死亡が確認されました。

 富山南警察署によりますと男性は友人2人と入山していて現場周辺は雨やガスで悪天候だったということです。


 また、氷見市中央町の呉服商の男性(69)が3日、新潟県南魚沼市の八海山(はっかいさん)と別の山をつなぐ登山道でうつ伏せで倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。

 南魚沼警察署によりますと男性は傾斜のある登山道をおよそ10メートル滑落したものとみられます。

 男性は先月から1人で登山にでかけ2日帰宅する予定でしたが、帰らないことから家族が警察に届け出ていました。


 以上、チューリップテレビ8月5日(金)9時46分配信


関連記事
検証 学習院大阿弥陀岳遭難事故③ (11月28日)
山梨乾徳山で男性遭難か (12月25日)
鍋倉山バックカントリーで重傷 (03月19日)
信州山岳遭難多発 (08月11日)
南アの男性7日ぶりの救出 (09月09日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):