本日 864 人 - 昨日 3094 人 - 累計 1645516 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

ブナ立尾根で山岳部顧問不明

北アルプスのブナ立尾根で、高校山岳部の顧問の男性が行方不明となっているようです。

信濃毎日新聞によると、

北アルプスの烏帽子岳に通じるブナ立尾根を、他の教師二人と生徒11人を引率し登っていた、私立高校山岳部の顧問の40代の教師が行方不明となった。

顧問の男性は、疲れたの先に行ってくれと言い、別行動になったが、山小屋に到着せず、別の顧問が戻り探したが見つからなかったという。

警察が今朝から捜索するようです。

ブナ立尾根は、日本三大急登の一つです、やはりきつい上りだったのでしょうか、安否が心配です。無事発見されることを願います。


関連記事
荒船山の男性は無事救助 (05月19日)
奥穂ザイテンでまた滑落 (09月07日)
土砂崩れで谷川岳登山客など一時90名孤立 (07月23日)
キノコ採り遭難続発 (09月21日)
白馬乗鞍バックカントリーで行動不能 (04月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
男性は自力で無事下山したようです。風邪で体調をくずしていたようです。
| 続報 | 2016/08/03 12:34 |
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):