本日 866 人 - 昨日 3094 人 - 累計 1645518 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

休憩中に食べ物を詰まらせ救助要請

画像 北アルプスの燕岳で、珍しい山岳遭難が発生した。休憩中に食べた物をのどに詰まらせ意識を失ってしまったという。

 7月21日午前11時20分頃、

 夫婦で燕岳へ登山をしていた埼玉県の65歳妻が、合戦小屋休憩所で休憩した際、食べ物を喉に詰まらせて意識を失ってしまったという。

 たまたま居合わせた別の登山者等が措置し、警察署に救助を求めたようだ。

 女性は、警察署員、県警山岳救助隊員及び遭対協により搬送され、県警ヘリで病院に収容されたとのこと。

画像 大変珍しい遭難です。山ではどんなことが原因で救助が必要となっても遭難です。気を付けなければいけません。

 何を詰まらせたかは増え美ですが、合戦小屋と言えば、冷えたスイカが名物である。汗をかいたあとに、喉を潤し体を冷やし、さらに塩分を補えるのとても行動食代わりにいいでしょう。


関連記事
立山連峰の二人は救助 (05月01日)
今年もタケノコ狩り遭難が発生 (06月03日)
北穂高岳でガイドが滑落重傷 (10月08日)
妙高ではボーダー5人が遭難騒ぎ (02月25日)
早大山岳部OB3名山スキーで遭難か (01月19日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):