本日 1981 人 - 昨日 2884 人 - 累計 2325589 人
  • 記事検索

RSS

不可解な志賀高原の落石事故

 志賀高原の一ノ瀬ファミリースキー場で落石があり、中学生が一時意識不明になった。

 長野県山ノ内町にある志賀高原の一ノ瀬ファミリースキー場は、ねじれのない一枚バーンでファンが多いスキーゲレンデである。

 なんとそのゲレンデで落石が起きたというからびっくりした。

 林間学校中の東京都の中学校1年の男子生徒が、落ちてきた15cmの石を頭部に受け、意識不明となりドクヘリで搬送され大騒ぎとなったもの。

 しかし、なぜ一ノ瀬で落石が起きたのだろうか、そのこと自体信じられない。斜度は30度前後だろうから、あまり自然落下は考えにくい。
 そもそも、夏のゲレンデは草に覆われていて、石が露出しているところも少ないはず。

 警察が調査中のようだが、摩訶不思議な落石事故です。


関連記事
西穂高で外国人遭難か (05月13日)
男性はどの山に登ったか不明 (05月18日)
長野県内の遭難件数前年を上回る (01月05日)
富士山冬期事故多発で注意喚起 (12月22日)
信州9月の山岳遭難10名死亡 (10月11日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):