本日 2196 人 - 昨日 2665 人 - 累計 3173517 人
  • 記事検索

RSS

宝剣岳落雷で崩落

宝剣岳南稜0702 中央アルプスの宝剣岳で、落雷によると思われる岩場の崩落があったようです。

 中ア宝剣岳は、岩が積み上がったような山であるが、その岩に落雷があり、岩の崩落と亀裂が入ったという。

 落雷が落ちたと思われるのは、南稜のクサリ場だったようです。

 危険な岩などの撤去は7月11日に行ったというが、これは一時的なもので完全ではないようだ。

 駒ヶ根市などは引き続き、通行する場合は注意するように呼びかけている。


 ※写真は2013年9月撮影の宝剣岳南稜の岩場。


関連記事
今度は、蔵王山で火山性微動  (10月09日)
レスキュースモークはこれだ (08月25日)
群馬県もグレーディング作成へ (01月07日)
中ア千畳敷スキー場がオープン (04月26日)
北アをさらに知るために (11月11日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):