本日 4074 人 - 昨日 4799 人 - 累計 2764762 人
  • 記事検索

RSS

降雨時の増水にご用心

 沢筋や渡渉があるルートでは、上流の降雨状況が大変重要です。

 過去には、渡渉中に流され命を落とした人が何人もいます。決して無理をして渡渉することのないように、水の力は想像以上です。

 7月17日、北アルプスでは降雨による増水で、登山者が渡渉できず立ち往生するという事態も発生したようですが、幸い川に流されるなどの遭難は発生しておりません。

 穂高連峰の岳沢も普段水がありませんが、一たび大雨が降ると一気に増水し濁流になるようです。不意の降雨には十分注意しなければいけません。

 梅雨が明けても、これからは集中豪雨に注意しなければなりません。山小屋等の情報を確認し判断を誤らないようにしてください。


関連記事
信州の山岳環境保全整備に8百万円 (02月07日)
高校生登山の安全対策まとまる (09月25日)
岳都・松本 山岳フォーラム始まる (11月29日)
インターハイ登山長野代表は? (09月07日)
中ア越百山への林道通れます (07月13日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):