本日 3799 人 - 昨日 6437 人 - 累計 2910186 人
  • 記事検索

RSS

続報 西穂高岳のガイド滑落事故

 北ア西穂高岳で滑落し動けなくなり、救助を待っていたガイドの男性が亡くなりました。

 信越放送によると、

 北アルプス西穂高岳近くの鎖場で松本市の山岳ガイドの男性が滑落して死亡しました。

 死亡したのは松本市梓川倭の山岳ガイドの71歳の男性です。

 男性はきのう午前8時頃、北アルプス西穂高岳と赤岩岳の間にある鎖場の近くで50mほど滑落しました。

 男性は胸と腰を強く打って動けなくなり、午後になって山岳遭難防止対策協会の隊員が現場に到着しましたが、天候が悪かったため現場でビバークしました。

 男性はけさ県警のヘリコプターで救助され松本市内の病院に収容されましたが、午前7時前に死亡が確認されました。

 男性は登山者5人をガイドしていたということです。



 以上


 横山さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。



 ※報道は実名ですが、プライバシーに配慮して男性とさせていただきました


関連記事
8月の信州の山岳遭難51件2名死亡 (09月03日)
高山村で今年三件目の遭難発生 (06月29日)
富山一日で二人亡くなっていた (05月03日)
高知でまた遭難 (02月17日)
早大木下教授が小仙丈ヶ岳で滑落 (11月08日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):