本日 276 人 - 昨日 1892 人 - 累計 1822090 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

西穂高岳で男性ガイド滑落

 北アルプスの西穂高岳で、男性ガイドが滑落し動けなくなっています。

 今朝の信濃毎日新聞が伝えたところによると、

 17日午前8時頃、西穂高岳周辺のクサリ場付近で、松本市の71歳の男性ガイドがヤ約50m滑落し動けなくなり、携帯電話で近くの山荘に救助を要請した。

 遭対協が出動し男性と合流したが、雨が強いため現場でビバークしている模様。
 今日にも救助を再開するという。

 男性ガイドは、16日計6人で入山し奥穂高岳に向かっていたという。他のメンバーにケガはないようです。


 昨日も穂高、槍周辺は降雨が続いていたようです。岩場は滑りやすくなっていたかも知れません。十分注意しなければなりません。

 男性が一刻も早く救助されることを願います。
 


関連記事
前穂落石事故の山岳会がコメント (05月26日)
北ア鹿島槍などで滑落相次ぎ4名死亡 (09月15日)
八ヶ岳天狗岳で遭難か (02月23日)
涸沢岳で50代男性凍死 (10月26日)
信州須坂の里山で男性遭難 (07月07日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):