本日 1136 人 - 昨日 2323 人 - 累計 1832410 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

自衛官がクマにかまれケガ

 福島県で訓練の下見をしていた自衛官がクマに襲われケガを負いました。

 福島民報によると、

 7月16日午後2時50頃、猪苗代町若宮字吾妻山甲の山林で、陸上自衛隊福島駐屯地の第44普通科連隊に所属する男性隊員(26)がクマに腕など4カ所をかまれ、けがをした。男性隊員は会津若松市の病院に搬送され入院したが、命に別条はないという。

 猪苗代署などによると、17日から予定していた同連隊の特殊部隊「レンジャー隊」の入隊訓練の下見のため、同僚の男性隊員4人と同町の秋元湖から東吾妻山方面へ、縦1列になって歩いていた。クマに襲われた男性隊員は前から2番目を歩いており、近くに潜んでいたとみられる体長約1.5mのクマに右腕や左太ももなど4カ所をかまれたという。

 他の4人がクマを追い払い、下山後に119番通報した。

 同駐屯地によると、5人はクマよけの鈴を身に着け、クマよけのスプレーも持っていたが、スプレーを使う余裕はなかったという。

 同連隊は毎年、レンジャー訓練を行っているが、「クマに遭遇したとの報告は聞いたことがない」としている。被害を受け17日からの訓練を中止する。


 以上、福島民報2016年07月17日 08時01分配信


 熊は相変わらず、各地で活発に活動しているようです。信州でも熊の目撃情報が先週ありました。
 山には餌が少ないのでしょうか、自衛官4人が鈴を持って歩いていて、2番目の人が襲われては対策のしようがありません。スプレーを使う余裕がないとなると、本当にどうすればいいのか。

 目撃情報のある山への入山は控えるしか対策がないのでしょうか。


関連記事
秋田森吉山の男性の捜索打切り (02月24日)
南アの男性7日ぶりの救出 (09月09日)
奥穂の滑落は静岡大学生 (05月04日)
「真田丸」人気の岩櫃山で滑落事故 (05月14日)
白馬岳四人死亡のガイドに有罪判決 (04月21日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):