本日 2883 人 - 昨日 4051 人 - 累計 2885743 人
  • 記事検索

RSS

信州須坂の里山で男性遭難

坂田山山頂2216 須坂市にある「坂田山」で、男性がケガをして動けず救助を待っているという。

 信越放送によりますと、

 須坂市の坂田山に登った長野市の75歳の男性が、崖から転落し足にけがをして動けなくなっているという。

 昨夜11時頃、家族から警察に届け出があったとのことです。

 男性は、昨日日帰りの予定で坂田山に1人で登りましたが、家族に携帯電話で道に迷って下山できなくなったと連絡してきたという。

 男性がいる場所は特定できておらず、警察はけさから6人が山に入って捜索しているという。

 発見され救助されているといいのですが、安否が心配です。


 男性が遭難した坂田山は、地元の有志が共生の森として近年整備している。登山道はほとんど樹林帯の尾根歩きである。

 急な上り下りもあり、コースによってはクサリ場もある。絶壁という崖はないが、コースを外れると滑落しそうな箇所もあります。

 標高871mの里山でも油断してはいけません。単独登山もいざという時に困るものです。


 ※写真は坂田山山頂。2013年11月撮影。

 


関連記事
鹿島の2人四日ぶりに救助 (03月24日)
奥穂高岳の5人無事救助2人死亡 (05月06日)
北ア西穂で男性滑落 (08月12日)
白沢天狗山スキーの男性の死亡を確認 (02月16日)
消防防災ヘリ「アルプス」山岳救助57件 (01月26日)
前の記事
次の記事
COMMENT
[1] 続報 | 2016/07/08 21:47
今朝、男性は遺体で発見されました。ご冥福をお祈りします。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):