本日 77 人 - 昨日 2576 人 - 累計 1963189 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

白山は12月より登山届義務化

 白山への入山は、登山届の提出が義務となります。

 岐阜と石川県、そして福井県に跨る活火山で百名山でもある白山(2702m)の火口から半径4キロ以内の岐阜県側に登る場合、12月1日より登山届が義務化になりました。

 予てから岐阜県が表明していたもので、6月県議会で岐阜県山岳遭難防止条例の改正条例が成立したため。

 施行から最長2年の周知期間を経ると、無届けや虚偽の届出は5万円以下の罰金となる。


 岐阜県の条例では、北アルプス、御嶽山、焼岳について、既に登山届が義務化されている。

 


関連記事
登山口でOS-1を配布 (08月09日)
千畳敷スキー場リフト休止中 (04月17日)
長野県が火山防災対策を強化 (03月01日)
御嶽山スマホ利用で登山届と位置情報 (09月18日)
宝剣岳クサリ場工事中 (10月14日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):