本日 2479 人 - 昨日 3113 人 - 累計 2494142 人
  • 記事検索

RSS

信州で登山道整備をしよう

 信州で登山道などを整備する「みんなで信州の山岳を守ろう!キャンペーン」が始まる。

 長野県では、国民の祝日「山の日」(8/11)を初めて迎えるのを前に、登山者とともに山岳環境の保全を目指し、「みんなで信州の山岳を守ろう!キャンペーン」を始めるという。

 第1弾は、中央アルプス南木曽岳の登山道整備と、北ア唐松岳で植物に木札を付ける作業だという。

 
 南木曽岳では、南木曽町側からの登山道整備に取り組む「南木曽山士会」が購入した資材(階段の部材)の荷上げ作業のお手伝いで、7月16日午前8時から、同町の蘭(あららぎ)登山口で協力者を募るという。

 協力した登山者には、木曽ヒノキのしおりと飲み物が提供されるようだ。

 南木曽岳作業の照会は、南木曽町産業観光課(電話0264-57-2001)まで



 唐松岳の八方尾根の八方池山荘から八方池の間で、植物名を記した木札を付ける作業を行う。
 飲食物の提供、そして終了後に周辺の自然解説をしてくれサービスつき。 

 この作業は「八方尾根自然環境保全協議会」とが毎年実施しているというもの。

 木札付け作業の参加希望者は、7月6日午前8時半、八方尾根ゴンドラリフトの乗り場に集合のこと。

 こちらの作業の問合わせは、八方尾根自然環境保全協議会(電話0261-72-2477)まで。


 登っているだけでなく、こういうボランティア活動もしないといけませんね。反省!


関連記事
長野大町線は雷鳥ライナーに (11月20日)
白山登山届義務化へ条例改正 (06月15日)
弥彦山スカイラインで事件 (05月16日)
立山室堂積雪75センチ (11月12日)
28年度上高地マイカー規制 (04月02日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):