本日 334 人 - 昨日 2408 人 - 累計 2208213 人
  • 記事検索

RSS

韓国人が北穂高岳で滑落

 北アルプスの北穂高岳で、韓国人の47歳の男性が滑落し重傷を負い救助されました。

 6月26日、14名パーティーが槍ヶ岳から奥穂高岳に向け大キレットを縦走中に、韓国人の47歳男性が約50m滑落し、左大腿骨を骨折したという。

 山小屋を通じて救助要請があり、翌日朝長野県警のヘリで救助された模様。

 
 韓国人の遭難と言えば、中央アルプス空木岳の遭難を思い出しますが、日本アルプスにも外国人の方が結構登っているようです。

 日本人よりも情報が少ない中での登山ですから、遭難等のリスクも高くなるのではないでしょうか。

 外国人への対策も急がれますね。


関連記事
遭難事故のガイドに禁固3年求刑 (03月02日)
北アパノラマコースで男性滑落 (10月15日)
八ヶ岳赤岳で男性が心肺停止 (12月22日)
静岡も夏山遭難件数減少 (10月08日)
白沢天狗山スキーの男性の死亡を確認 (02月16日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):