本日 355 人 - 昨日 3120 人 - 累計 1981824 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

モンベルと長野県遭対協がサプライヤー契約

 (株)モンベルと長野県山岳遭難防止対策協会が、サプライヤー契約を締結する。

 サプライ―ヤー契約の内容は、モンベルが長野県遭対協の「北アルプス夏山常駐パトロール隊」が使用する登山用ウェア及びザックを提供するというもの。

 契約は、平成28年6月30日(木)に長野県庁で締結される予定。


 モンベルから提供される用品は、レインウェア(上下)、キャップ、山シャツ・山ズボン、アンダーウェア(上下)、シャツ、ザック 各35点 約293万円相当だという。

 
 モンベルとしては、 (株)モンベルのWeb広告、メルマガ、パンフ等の販促物に、県遭対協や北アルプス夏山常駐パトロール隊の名称や写真を使用できるらしい。

 富士山レンジャーにもモンベル製品を提供しているようだが、さすがモンベル、力の入れようが違います。応援したくなりますよね。

 今夏の北アでは、モンベルをまとった男たちに会えるかもしれません。


関連記事
「好日山荘」がキャンペーン (04月04日)
山にトランシーバーを持参 (08月27日)
シナノが「落ちにくい先ゴム」開発 (04月08日)
登山者の位置がわかるアプリ誕生 (04月04日)
ブラックダイヤモンドのヘッドランプ (02月17日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):