本日 985 人 - 昨日 4435 人 - 累計 2770638 人
  • 記事検索

RSS

北アで英国人二人救助

 北アルプスを登山中のイギリス人の男女が道迷い救助を求めていましたが、無事に救助されたとのことです。

 KHBニュースによりますと、

 25日午後、北アルプスの登山道で身動きがとれなくなっていたイギリス国籍の男女2人がヘリコプターで救助されました。

 2人にケガはないということです。

 富山県黒部警察署によりますと、救助されたのはイギリス国籍で香港在住の医師の男性(30)と、男性の友人で同じくイギリス国籍で香港在住の医師の女性(33)です。

 23日に長野県の猿倉から入山した2人は、白馬岳と祖母谷温泉を縦走して、黒部峡谷の欅平に24日に到着する予定でした。

 しかし24日の午後、標高約1700メートルの北アルプス清水尾根付近で道に迷ったうえ、登山道が雨の影響で土砂に埋まるなどしたため身動きがとれなくなっていました。

 その後、男性がスマートフォンで東京にいる友人に連絡し、連絡を受けた友人が長野県大町警察署に救助を要請しました。

 要請を受けた富山県警のヘリコプターが午後3時過ぎに2人を発見し救助しました。

 2人にけがはないということです。


 以上、KNBニュース2016/06/25 20:55配信


 最近は、長野県内の山岳でも外国人登山者が増えています。観光地も含め山岳においても、外国語表記による案内など、外国人登山者の対策が急がれます。

 今回は、ケガもなく無事救助されて本当に良かったです。


関連記事
徳島では女性が滑落 (02月25日)
荒船山で女性滑落か (09月26日)
新潟県過去10年で遭難者最多 (04月21日)
山岳ガイドの男性遭難 (01月12日)
また妙義山で男性が滑落 (06月19日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):