本日 2575 人 - 昨日 4593 人 - 累計 2758464 人
  • 記事検索

RSS

週末に三件の山岳遭難

 週末の信州の山岳で、3件の遭難事故が発生し、2人が救助されました。

 18日の土曜日は、北アルプス針ノ木岳へ登山中の愛知県の56歳の男性が、針ノ木雪渓で体調をくずして救助要請し、長野県警のヘリで救助された。

 男性は、3人パーティーで扇沢から入山したという。

 この日は高温となった日です。熱中症も考えられます。



 19日の日曜日は、八ヶ岳連峰の横岳で転倒した山梨県の54歳の女性が自ら救助要請し、長野県警のヘリで救助されました。

 女性は、左足首捻挫等の軽傷だったようですが、単独山行で、前日に入山し赤岳から硫黄岳まで縦走する予定だったようです。

 本会も当日硫黄岳に登ってました。ご無事なら、硫黄岳山頂でお行き合い出来たかもしれません。


 また、18日、浅間連峰の第一外輪山にある蛇骨岳では、茨城県の35歳の男性と41歳の女性が道に迷い行動不能となり救助要請したものに、翌19日未明に自力で下山したという。


関連記事
信州の夏山遭難5年で最低 (09月06日)
中ア宝剣岳の男性収容 (03月08日)
土砂崩れで谷川岳登山客など一時90名孤立 (07月23日)
入笠山へ釣りに行った男性道迷い (05月15日)
空木岳で発見二年前の男性か (10月14日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):