本日 1208 人 - 昨日 3335 人 - 累計 2475645 人
  • 記事検索

RSS

雨の硫黄岳山行

山頂2085 八ヶ岳連峰の硫黄岳は、雨の中の山行となりました。爆裂火口は迫力がありますよ。

 6月19日の山行は、八ヶ岳連峰硫黄岳。昨日は一日中晴れて猛暑となりましたが、この日が午後から天気が崩れるとの予報。

 それなのに9時入山、これがあだになりました。

 山頂直下の尾根歩きで、右(西)からの風が強まり、そのうちポツポツと降り始め、山頂では思わず避難小屋へ避難することに。

 この小屋のお陰で、風雨をしのげて昼食をとれたことは良かった。


 今回のルートは、桜平から、夏沢鉱泉、オーレン小屋、夏沢峠、山頂、赤岩の松、オーレン小屋、夏沢鉱泉、桜平と周回。

天狗岳2078 このルート上には山小屋が四つもあり(夏沢峠の山彦荘と夏沢ヒュッテはまだ営業が始まっていなかった)、女性や高齢者にはおススメです。

 まもなく、学校登山が始まるようで、平日が利用が厳しいかもしれません。事前にチェックのこと。

爆裂火口2082 このルートでは、夏沢峠からの登りは爆裂火口沿いに登るため、迫力ある火口を常に仰いで歩くのもいい。

 硫黄岳は、山頂が平坦なため、霧にまかれると方向を見失い安いので注意が必要である。
 また、身を隠す場所は4、5人が入れる避難小屋のみである、雷が鳴ったら逃げ場がないので気を付けたいところ。

八ヶ岳連峰2103 久しぶりの雨の山行でしたが、何とか無事下山しました、次は青空の下で歩きたいものです。


関連記事
最高の白馬乗鞍岳の山スキー (04月22日)
鋸岳からJバンドへ (06月09日)
立山に秋の気配 (09月13日)
2014ベスト山行は「唐松岳」 (12月30日)
山歩き、33年ぶりに復活しました! (11月04日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):