本日 335 人 - 昨日 2408 人 - 累計 2208214 人
  • 記事検索

RSS

志賀高原で遭難の夫婦救出

 志賀高原でネマガリダケ狩りをしていて遭難した夫婦が、無事に発見救助されました。

 信越放送によると、

 山ノ内町の奥志賀高原でネマガリダケを採りに行ったまま行方不明になっていた夫婦が、無事発見されました。

 発見されたのは須坂市の74歳の夫と66歳の妻です。

 きのう朝、ネマガリダケを採るため山ノ内町の奥志賀高原の山に入り、道に迷って下山できなくなったと娘に連絡がありました。

 警察などがきのう夕方まで一帯の捜索を行い、車は見つかったものの2人は見つかりませんでした。

 警察と地元の遭対協ではけさ5時ごろから範囲を広げて捜索を再開し、午前11時すぎに2人を発見、ヘリコプターで救助しました。

 2人は念のため病院に運ばれましたが、ともにけがはないということです。


 以上、信越放送配信記事


 志賀高原のネマガリダケは、最近になって一般に開放されるようになったばかり。

 でも、夫婦で遭難した場合は、無事救助されるケースが多いような気がします。気のせいでしょうか。


関連記事
阿弥陀岳下山中に80代遭難 (09月30日)
あみだ岩でロッククライミング中に滑落 (07月28日)
2月八方で不明の米国人見つかる (04月29日)
信州新町またキノコ採りの男性遭難 (09月29日)
続報 西穂高岳のガイド滑落事故 (07月18日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):