本日 2352 人 - 昨日 3212 人 - 累計 3009239 人
  • 記事検索

RSS

マッキンリーで日本人死亡

北米大陸最高峰のマッキンリーで、日本人男性が死亡した。

報道によると、

6月15日、北米大陸最高峰のマッキンリーに、四人で登山中の茨城県の60代の男性が、体調くずし亡くなりました。

男性は、高山病だったとみられている。

なお、マッキンリーは旧名称で現在はデナリと呼ばれている。


関連記事
日光山中で遭難男性救助 (10月18日)
「山岳救助活動における消防・警察の連携会議」開かれる (07月21日)
山梨の春山道迷い遭難4件6人 (05月18日)
信州の夏山遭難5年で最低 (09月06日)
富山毛勝山では男性不明 (07月17日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):