本日 169 人 - 昨日 2670 人 - 累計 1978518 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

群馬妙義山で男性滑落

 群馬県の妙義山で、男性が滑落し重傷。

 NHKなどが伝えたところによると、

 6月14日、群馬県の妙義山で仲間3人と登山をしていた桐生市の男性34歳が滑落した。

 仲間が通報し消防に救助されましたが、左手、左足を骨折する重傷を負っている模様。

 男性は、岩場から約12m落ちたという。


 妙義山は、これまでも毎年のように滑落死亡事故が発生しており、上部には急峻な岩場などの難所があり、落ちれば命がない。

 群馬では、谷川岳の次に気の抜けない山である。


関連記事
妙高ではボーダー5人が遭難騒ぎ (02月25日)
元旦の富士山で2人滑落 (01月01日)
燕岳疲労で動けない男性救助 (01月01日)
白沢天狗山スキーの男性の死亡を確認 (02月16日)
上高地のベテラン登山相談員が不明 (05月19日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):