本日 345 人 - 昨日 3006 人 - 累計 3359699 人
  • 記事検索

RSS

富士山須走口に遺体

 富士山の須走口登山道付近で、白骨化した遺体が発見されました。

 産経新聞によると、


 6月11午後3時15分頃、富士山7合目の須走口登山道付近で、山梨県警がヘリコプターでほぼ白骨化した遺体を収容した。性別や年齢は不明。
 遭難したとみて身元や死因を調べる。

 富士吉田署によると、6日午後、山の関係者が「富士山で白骨化した遺体を発見した」と静岡県警御殿場署に通報。場所が山梨県側だったことから、天候が回復した10日から山梨県警が捜索し同日昼、遺体を発見した。
 霧が晴れるのを待ち、11日に収容した。



 以上、産経新聞2016.6.11 19:14配信


関連記事
鹿島の滑落は順大山岳部員 (08月08日)
八方尾根山スキーで雪崩 (01月02日)
北ア前穂の男女を救助1人CPA (09月22日)
好天の北ア遭難続く (09月10日)
有料救助第1号は60代男性 (01月20日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):