本日 169 人 - 昨日 2670 人 - 累計 1978518 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

金剛山で男性の遺体発見

 金剛山に入山したまま行方が分からなかった男性とみられる遺体が、捜索中の警察官によって発見されました。

 6月4日、妻に金剛山へ行くと言い残し、帰宅していない78歳の男性の遭難については、6月5日付けブログでお伝えしましたが、その男性とみられる遺体がが発見されたようです。


 産経新聞によりますと、


 10日午後3時10分頃、大阪府千早赤阪村の山中で、行方不明者の捜索をしていた警察官が、年齢不詳の男性の遺体を発見した。

 水色のTシャツに黒いズボン姿で、近くには所持品とみられる黒いリュックサックがあった。
 うつぶせに倒れた状態で目立った外傷はなく、死後少なくとも数日が経過していた。

 大阪府警富田林署によると、今月5日、同府と奈良県にまたがる金剛山(標高1125m)へ登山に向かった同県内の70代の男性が帰宅しないと家族から奈良県警に連絡があり、捜索を続けていた。

 遺体が見つかったのは金剛山の中腹付近で、尾根や谷が入り組んだ山中。
 府警は、遺体がこの男性の可能性があるとみて身元の確認を急ぐとともに、詳しい死因を調べる。



 以上、産経新聞2016.6.11 19:01配信


関連記事
空木岳の遭難から2週間 (07月11日)
妙高市で雪崩事故などで二名死亡 (01月18日)
中ア中岳で男性病死 (12月18日)
早大生阿弥陀岳で二人滑落 (02月11日)
「山の日」の遭難4件 (08月12日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):