本日 1158 人 - 昨日 4530 人 - 累計 2766376 人
  • 記事検索

RSS

秋田のクマ四人目の犠牲者

 秋田県鹿角市で、山菜採りに出かけた女性が熊に襲われ亡くなったようです。

 タケノコ狩りのシーズンになってから、秋田県鹿角市ではこれまでに3人の男性が、熊に襲われて命を落としています。

 このため、警察などでも警戒を強め、注意を呼び掛けていたところですが、また新たに犠牲者が出てしまったようです。


 NHKの報道は次のとおり


◆秋田 遺体は74歳女性 クマに襲われたか 1頭駆除◆

 クマに襲われて死亡したとみられる被害が3件相次いだ秋田県鹿角市の山林で、10日午前、クマに襲われたとみられる女性の遺体が見つかり、今月7日から行方不明だった青森県の74歳の女性と確認されました。

 現場近くでは10日午後、地元の猟友会のメンバーがメスのツキノワグマ1頭を駆除しました。

 9日、鹿角市十和田大湯の山林近くの道路で無人の車が止まっているのを通りかかった人が見つけました。警察が確認したところ、鹿角市の隣の青森県十和田市の(女性)(74)が乗っていたとみられ、今月7日に自宅を出てから戻っていないことが分かりました。

 警察は、山菜採りで山に入って遭難したとみて、消防と共に10日朝から捜索を行った結果、午前10時半すぎ、車が停めてあった近くの山林から遺体が見つかり、女性と確認されました。

 遺体には、ひっかかれたりかまれたりした痕があることから、クマに襲われたとみて、調べています。

 同じ地区の山林では、先月下旬、タケノコ採りの男性3人が相次いで死亡していて、いずれもクマに襲われたとみられています。

 10日の捜索では、上空からクマが目撃されたことなどから、鹿角市が地元の猟友会に緊急で駆除の要請を行い、午後2時ごろ、遺体が見つかったすぐ近くで猟友会のメンバーがクマ1頭を駆除しました。

 警察によりますと、駆除されたのは体長およそ1m30cmのメスのツキノワグマで、猟友会によりますと5、6歳の成獣とみられています。

ただ、駆除されたクマが人を襲ったとみられるクマかどうか分からないうえ、女性の捜索をしていた際、複数の場所でクマが目撃されたことから、ほかにもクマがいる可能性があるとみられています。

鹿角市は、1頭の駆除で安心せず、現場周辺の山に入らないよう呼びかけるとともに、10日新たに、捕獲のためのオリを設置しました。


【タケノコ採りの別の男性も「クマを見た」】
遺体が見つかった現場近くにタケノコ採りに来ていた青森県十和田市の72歳の男性は「この前、この近くに来たときも目の前でクマを見た。

 山林には、鈴や笛を身につけて複数で声をかけながら入っている。家にいてもやることはないし、売ればお金にもなるので、タケノコ採りに来る」と話していました。

 被害があった山林に山菜採りなどで入る人が後を絶たない状況に、地元の鹿角市は、現場周辺の山に入らないよう呼びかけています。


【相次ぐ被害 自粛呼びかけ】
 秋田県鹿角市十和田大湯の山林では、先月下旬からクマに襲われたとみられる死亡事故が相次いでいます。

 先月21日にタケノコ採りをしていた79歳の男性が死亡しているのが見つかったほか、先月22日には西におよそ1キロの山林でタケノコ採りをしていた70代の夫婦がクマ1頭と遭遇し、このうち夫の78歳の男性が死亡しました。

 さらに先月30日には、北東におよそ3キロのところでタケノコ採りをしていた65歳の男性が死亡しているのが見つかりました。

 10日に女性の遺体が見つかったのはこの場所の近くです。また、10日午後2時ごろ、地元の猟友会のメンバーがクマ1頭を駆除したのは、女性の遺体が見つかった現場から10メートル余りの地点だったということです。


【東北6県 去年の1.6倍に】
 東北地方の6県ではことしに入ってからこれまでに1200件以上のクマの目撃情報が寄せられ、去年の同じ時期のおよそ1.6倍に上っています。

 このうち、宮城県登米市では先月23日、体長1mほどのクマが田んぼの近くを走る様子を車で通りかかった人が目撃し撮影しました。

 また、先月21日には、福島県西会津町の県道で親子とみられるクマが道路を横断する様子をNHKの職員が撮影しました。

 クマと車が衝突する事故も起きていて、今月5日、宮城県栗原市の東北自動車道で、道路上にいた体長1m20cmほどのクマと軽乗用車が衝突しました。車に乗っていた人にけがはありませんでした。

 市街地に近いところでも目撃されています。今月3日、JR仙台駅から南西に2キロほどのところにある仙台市青葉区の幼稚園近くの竹やぶでクマが目撃され、幼稚園ではスピーカーから大きな音を出す措置を取りました。

 また、8日には、山形市の市街地を流れる川の河川敷でクマが目撃され、近くの小学校が集団下校の対応をとりました。


【なぜ山に入るのか 山菜の価格高騰も】
 クマに襲われて死亡したとみられる一連の被害で亡くなった人たちが山で採っていたのはタケノコなどの山菜です。

 山菜の販売・加工を行う業者や森林に詳しい団体によりますと、特にこの時期人気が集まっているのは、タケノコの一種ネマガリダケです。

 秋田県内では岩手との県境の奥羽山脈沿いなど各地の山林に自生していて、5月から7月にかけてシーズンを迎えます。味がよく、高値で売れることから、多くの愛好家が自分たちで食べたり業者に販売したりするために、この時期、山林に入るということです。

 ただ、県などによりますと、山菜を採る人の高齢化が進み10年前(平成18年)に1300t余りだった年間の生産量は平成25年にはおよそ200tにまで落ち込みました。その結果、市場価格が上がっていてこうした状況も山に入る人が後を絶たない理由とみられています。

 死亡事故が相次いだ先月、現場の山林近くにタケノコ採りに来ていた人は「楽しみだから、レジャーだから来ている」と話していました。中には、「被害があった現場の近くで体長1メートルほどのクマと出くわし、持っていた棒でクマをつつき、なんとか立ち去った」と話す人もいました。

 また、10日も遺体が見つかった現場近くにタケノコ採りに来ていた人は「山林には鈴や笛を身につけて複数で声をかけながら入っている。家にいてもやることはないし、1日2万円くらいにはなるので採りに来る」と話していました。



 以上、NHK6月10日 23時18分配信


関連記事
信州の山岳連休中3名死亡 (07月19日)
北ア唐松岳で遺体見つかる (09月20日)
北穂高岳で男性滑落 (09月11日)
三連休の山岳遭難 死者2名 (07月22日)
常念で救助要請の男性死亡 (05月13日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):