本日 215 人 - 昨日 1872 人 - 累計 1820137 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

H28.5地震活動及び火山活動の解説

 気象庁は、平成28年5月の地震活動及び火山活動について解説を発表しました。

 気象庁が、6月8日に発表した「平成28年5月の地震活動及び火山活動について」の信州の火山又は関係する火山の解説は次のとおり


【草津白根山】
 湯釜火口の北から北東内壁及び水釜火口の北から北東側にかけての斜面で熱活動の活発な状態が継続しています。
 湯釜火口から概ね1kmの範囲では、小規模な噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

【浅間山】
 引き続き火山活動はやや活発な状態で経過しています。
 今後も火口周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生する可能性がありますので、山頂火口から概ね2kmの範囲では、弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

【御嶽山】
 火口列からの噴煙活動や、地震活動が続いていることから、今後も小規模な噴火が発生する可能性があります。
 火口から概ね1kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

【新潟焼山】
 6日の上空からの観測で、山頂東側斜面に、ごく小規模な噴火に伴うものとみられる降灰を確認しました。
 今後も、想定火口内(山頂から半径1km以内)に影響を及ぼすような噴火が発生するおそれがあるため、火山活動の推移に注意してください。


関連記事
また週末に大雪 (01月20日)
台風北上中 (08月30日)
50cmの噴石に耐えるシュエルターを (12月13日)
続報 長野県北部の地震 (11月24日)
口永良部噴火 犠牲者0の影に消防団が (06月08日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):