本日 1783 人 - 昨日 2405 人 - 累計 2327796 人
  • 記事検索

RSS

久しぶりのお湿り

 昨日から、長野県内は荒れた天気となりました。

 一昨晩、北部ではわずかに降雨があったものの地面が濡れた程度でしたが、昨日はしっかり降ってくれました。

 昼前には、諏訪地域から北の地域には、大雨洪水注意報が発令されました。中には累積雨量が20ミリを越えた地域もあったようです。

 梅雨に入るまでの降雨量が、平年の50%程度と言われて、農作物への影響が大変心配されました。農作物にとっては、本当にやっと良いお湿りとなりました。

 地域によっては、雷注意報や濃霧注意報も発令されていましたので、こんな日に入山する人は無かったと思いますが、梅雨時は天気予報を注視し、無理のない登山をおススメします。

 昨年の教訓を生かし、大雨の後の白馬大雪渓の通過は控えた方がいいでしょう。

 梅雨時は、山行記録の整理や次の計画を立てるなど、準備などにあてるのもいいでしょう。慎重な計画、万全の準備は、必ず安全登山につながるはずです。


関連記事
春の陽気で融雪進む (03月06日)
志賀高原熊の湯スキー場オープン (11月18日)
冬の信州を撮ってサロモンを手に入れよう (01月22日)
クリタケ見つけた (10月23日)
明日からは冬型の気圧配置 (01月18日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):