本日 1796 人 - 昨日 2019 人 - 累計 1819846 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

信州梅雨入り

 本日(6/5)、長野県が梅雨入りしました。

 長野地方気象台は、本日(6/5)、「関東甲信地方は梅雨入りしたと見られる」と気象庁予報部が発表とした。


 気象庁の発表は次のとおり

 関東甲信地方は、気圧の谷の影響で曇りや雨となっています。向こう一週間も、前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多い見込みです。

 このため、長野県を含む関東甲信地方は、6月5日ごろに梅雨入りしたと見られます。

 これは、平年より3日早く、昨年より2日遅い梅雨入りです。

(参考事項)
平年の梅雨入り:6月8日ごろ
昨年の梅雨入り:6月3日ごろ

(注意事項)
・梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。
・梅雨の時期に関する気象情報は、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに発表する情報です。後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、本情報で発表した期日が変更になる場合があります。

 以上

 
 いよいよ梅雨入りですが、長野県北部はこれまで例年よりかなり降水量が少ないという。
 芝や梅には降水量が足りませんが、あまり降られても困ります。
 山行は、天気予報と空を見ながらの実施となります。

 さて今年の梅雨はどうなるでしょうか。


関連記事
双子ナスはここにも (08月03日)
やっとタイヤの履き替え (04月14日)
YAMABOKUオープン延期 (12月19日)
松川渓谷「高井橋」紅葉見頃 (10月25日)
日の出が早まりつつあります (01月13日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):