本日 2274 人 - 昨日 2156 人 - 累計 2048004 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

しつけのつもりが行方不明に

 北海道で小学校2年生の男の子が、山林内で行方不明となっている。
 両親が男の子を置き去りにして不明になったようです。

 大変なことが起きてしまいました。

 しつけのつもりで山林内に置き去りにした子供が、行方不明になってしまいました。

 警察などが懸命の捜索を行っているようです。無事発見されることを願います。


 朝日新聞によると、

 北海道七飯町東大沼の山林で28日夕、北海道北斗市の小学2年生7歳が行方不明になった。函館中央署によると、両親が「しつけのため」として山中で車から降ろし、数分後にその場に戻った時には姿が見えなくなっていたという。
 小学生は29日夕方になっても見つかっておらず、同署員らが周辺を捜索している。

 現場は起伏のある斜面と沢が入り組んだ山林。同署によると、小学生は28日、家族4人で近くの公園を訪れた。その際、小石を人や車に投げつけるなどしたため、両親が「悪いことをするとこうなる」という意味で、同日午後5時ごろ、現場の山道で子供を車から降ろした。

 500mほど離れ、5~10分してから戻ったところ、小学生はいなくなっていたという。

 両親は当初、同署に対し、「山菜採りの最中に不明になった」と説明していたという。

 小学生は黒の上着を着用し、赤の運動靴を履いていて、食べ物や携帯電話は持っていないという。



 以上、朝日新聞2016年5月29日17時59分配信


関連記事
転倒者のアイゼン刺さり負傷 (02月19日)
朝日も特集ザイテン遭難多発 (09月18日)
2週間前に遭難の島根県部長を救助 (10月22日)
犬に助けられた91歳と14歳 (10月28日)
マッキンリーで日本人死亡 (06月17日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):