本日 164 人 - 昨日 3202 人 - 累計 1665653 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

塩田平一望の「独鈷山」

画像 上田市塩田平にそびえる「独鈷山」に行って来ました。これが今年度最初の会の山行です。


 NHKの「真田丸」で盛り上がる上田市ですが、市街地を抜け別所温泉までくると意外に静かです。

画像 その塩田平にそびえる異様な形の山があります。鋸の歯のようにギザギザしている山が「独鈷山」(とっこさん)標高1266m」です。

 この山行が、会としては今年最初の山行となりました。個人的にも最初という人もいますので、足慣らし的山行となりました。


画像 足慣らしと言っても、宮沢ルートは登山口から標高差500mずっと登りっぱなしです。ルートの半分程度は急登と言ってもいいでしょう。
 全体として道幅も狭く滑るそうな地面で、滑落注意の看板がときどき目につきます。

 そう言えば、数年前には平井寺ルートでは滑落した登山者が亡くなっている。
 2014年7月にも50代の男性が滑落しケガをしている難関の里山なのである。

画像 宮沢ルートの前半は、干支が祭られた祠が所々にあり、気を和ませてくれます。自分の干支は見逃さないように。

 のんびり歩いて山頂へ、新緑の緑の中を足元に注意しいい汗をかくと、山頂から塩田平が一望の絶景、ほぼ360度の眺望で、北アの残雪もよく分かる。
 浅間連峰、四阿山など上信国境の山々もよく見える。
 
 この山噂どおり、眺望は最高です。また登りたい山の一つですね。

画像 山頂では、総勢9人と意外に静かなものです。山頂もそれほど広くないので、このくらいが丁度よいでしょう。

 ゆっくり休んで下山です。
下山ルートは、パーティーを二手に分け、宮沢のピストンと西前山へ下るパーティーに分かれ下山しました。

 宮沢ルートの下山は、道幅の狭い急斜面の九十九折で気が抜けません。小砂利、枯葉、木の根と障害物に躓かず滑らず慎重に下ります。
 1時間ちょっとで下山です。

画像 西前山ルートで下山すると、国の重要文化財の三重塔がある前山寺附近出ます。是非、見事な三重塔を拝見してください。


 さて、次回はさらに高度を上げて行きますよ。


関連記事
長野市「つつじ山」が満開! (05月18日)
雲に囲まれた大菩薩峠 (11月14日)
今度は、山さー! (11月11日)
蓼科山の大パノラマ (10月21日)
四阿山鳥居峠ルートは見どころ満載 (06月20日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):