本日 483 人 - 昨日 2972 人 - 累計 1659334 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

荒船山救助の真実はどれ?

 荒船山で四日ぶりに男性が救助された遭難事故の様子が分かってきました。

 NHKによりますと

 今月14日、群馬県下仁田町の荒船山に登山に出かけたまま連絡が取れなくなっていた69歳の男性が、18日、4日ぶりに救助されました。警察によりますと、男性は軽いけがをしているものの命に別状はないということです。

 救助されたのは、茨城県結城市に住む69歳の無職の男性です。

 男性は今月14日、所属するハイキングクラブに「群馬県下仁田町の荒船山に1人で登山に出かける」と伝えたあと、連絡が取れなくなり、ハイキングクラブのメンバーが警察に通報しました。

 警察などが標高1423mの荒船山とその周辺の捜索を続けてきましたが、18日になって、男性の携帯電話から家族に連絡があり、県の防災ヘリコプターで4日ぶりに救助されました。

 警察によりますと、男性は山で迷い、川に落とした眼鏡を拾おうとして転落し、右足にけがをしたため、その場から動かずに、持っていたパンやサラミなどの食料を少しずつ食べながら救助を待ったということです。そして、18日になって場所を移動してみたところ、携帯電話が通じたということです。

 男性は群馬県富岡市内の病院に搬送されましたが、けがは軽く、命に別状はないということです。


 以上、NHK5月18日 21時11分配信
 



 産経新聞の報道は次です

 富岡署は18日、群馬、長野県境の荒船山付近を登山中の14日に遭難し、捜索していた茨城県結城市の無職男性(69)を同署員が発見し、4日ぶりに救助したことを明らかにした。男性は軽傷を負っているが、会話はできる状態という。

 同署によると、男性は18日朝、救助にあたる人の声を聞き、その方向に向かった際に偶然携帯電話の電波が届くことに気づき、午前9時51分ごろに家族に「生きている」と伝えた。

 その後、所属するハイキングクラブのメンバーが同署へ通報。午後0時45分ごろ、南牧村の「線ヶ滝登山口」北の沢口付近で同署員に発見され、防災ヘリで富岡市内の病院へ搬送された。

 男性は14日、道に迷った後、山中の川に眼鏡を落とし、拾おうとして滑落したため、動かずにいた。15日にクラブ関係者が「連絡がとれない」と警察に通報した。

 発見されるまで、持っていたパンとサラミを少しずつ食べ、岩陰で雨をしのいでいたという。

 
 以上、産経新聞2016.5.19 07:01配信



 発見に至る経緯は、信濃毎日新聞、NHK、産経とどれも異なっています。

 どうも産経の報道が一番説得力があるように思われます。

 いずれにしても、パンとサラミがあったこと、そして携帯電話があったことが救出のつながったのでしょう。


 ※なお、掲載上の都合で一部報道と変更してあります。


関連記事
信州の荒天は落ちついたのか (08月08日)
長野県警山岳遭難救助隊にきく (05月12日)
アルペンルート除雪が始まっている (02月14日)
上高地乗鞍無料バスを利用しよう! (10月10日)
「山の日」祝祭式典参加者募集中 (06月23日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):