本日 59 人 - 昨日 2359 人 - 累計 2048148 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

荒船山で男性遭難か

艫岩全容9450 上信国境に跨る荒船山へ入山したと思われる男性と連絡が取れず、遭難した可能性があるようです。

 上信国境にあり、荒海に浮かぶ巨船のようであることから「荒船山」(あらふねやま)と名付けられたという。

 標高は1423mと低いが、クサリ場や岩登りもあり変化に富んだ登山が体験でき、途中にも修験道錠跡や艫岩展望台など見どころもある。
 
 艫岩からの群馬下仁田側の絶景が楽しめる。

 しかし、過去にはクレヨンしんちゃんの作者が転落死するなど、遭難事故も多い山である。

 登山口は、群馬県境の内山峠(標高1063m)が一般的。

 なお、荒船山登山の概要は、次のブログを参照のこと
 荒船山 ぶらり山歩



 今回の遭難の概要は次のとおり

 茨城県の69歳男性は14日、所属するハイキングクラブに日帰りの予定で荒船山へ登ると連絡したものの、翌15日になってもクラブ関係者が連絡が取れないことから警察に届け出た。

 登山口近くには男性の車が停まっているという。

 長野、群馬両県警は、15日に捜索したが見つからなかったようで、今日朝から捜索する予定だという。

 以上、今日の信毎朝刊が伝えています。


関連記事
北ア南岳で女性病死か (07月22日)
積丹岳遭難事故裁判を追う (01月12日)
白馬乗鞍岳で男性行動不能 (07月11日)
上高地のベテラン登山相談員が不明 (05月19日)
学習院大しっかり遭難事故を検証すると (02月13日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):