本日 4527 人 - 昨日 6442 人 - 累計 2607772 人
  • 記事検索

RSS

西穂高で外国人遭難か

 北アルプスの西穂高岳で、イギリス人とみられる男女2人が遭難しているようです。

 産経新聞によると、


 12日午後4時50分ごろ、長野県の北アルプス西穂高岳(2909m)付近で、英国人だと名乗る女性から携帯電話で「道に迷った」と110番があった。県警のヘリコプターが上空から登山ルートを捜索したが見つからず、日没のため中断。13日に捜索を再開する予定。

 県警松本署によると、女性は英国人の男性と一緒に、西穂高岳から上高地に向かう途中だと説明。その後、電話は通話途中で切れ、つながらない状態という。


関連記事
続報 阿弥陀岳早大生遭難事故 (02月11日)
7月上旬の山岳遭難7件2名死亡 (07月12日)
剱岳で落石2人重傷 (07月16日)
富山大生前穂高岳で滑落 (09月30日)
妙高バックカントリーの高齢男性生還 (01月17日)
前の記事
次の記事
COMMENT
[1] 続報 | 2016/05/14 07:41
 英国人の男女二人は13日、無事に長野県警のヘリで救助されました。目立った外傷はないが、疲労や低体温症ため病院に搬送されました。

 男性は上高地北西の善六沢の標高1800m付近で、女性は200m上部で発見されたようです。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):