本日 41 人 - 昨日 2359 人 - 累計 2048130 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

続く信州の山岳遭難

 三日も信州の山岳では、遭難事故が多発しました。3件の遭難事故が発生し2人が重軽傷を負いました。

 ゴールデンウィーク前半、各地で山岳遭難が多発しましたが、後半初日の5月3日も信州の山岳では3件の遭難が発生しました。

 1人が重傷、1人が軽傷を負いました。


 4日の信濃毎日新聞朝刊の記事より、遭難の概要をまとめると次のとおり

【爺ヶ岳】

 鹿島槍ヶ岳に向かっていた神奈川県の68歳男性が、標高約1900mの赤岩尾根で滑落し胸部を打つなどの軽傷を負った。


【焼岳】

 焼岳を上高地に向け下山していた、名古屋市在住の国家公務員の男性29歳が道に迷い救助要請。県警ヘリで無事救助された。


【茶臼山】(北八ヶ岳)

 縞枯山から茶臼岳に向かっていた神奈川県の48歳男性が、茶臼山頂上付近の登山道の残雪で転倒し、右足を骨折する重傷を負い、長野県消防防災ヘリで救助された。


 何があったのか分かりませんが、それほど難しい山行でないところでも事故が起きているようです。

 自分の技術体力にあった登山、ルートを選択してほしいと思います。

 
 


関連記事
白馬乗鞍岳で男性行動不能 (07月11日)
山の日に1人死亡6人けが (07月28日)
救助ヘリの風で落石要救助者死亡 (05月15日)
遭難したはずの女性が東京にいた (02月16日)
白馬コルチナで女性宿に戻らず (12月29日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):