本日 2748 人 - 昨日 6437 人 - 累計 2909135 人
  • 記事検索

RSS

信州の山岳遭難さらに3件3名

 全国で山岳遭難が相次いだGW前半ですが、信州ではさらに3件の遭難事故が発生し、未だ1人が救助されていない。

 5月1日、北アルプスの北穂高岳山頂附近では、男性とみられる登山者が滑落したと言う情報が、山小屋関係者を通じて警察に通報があった模様。

 また、同日、鹿島槍ヶ岳では、東尾根で仲間と登っていた秋田県の医師の男性が56歳が滑落し、左足の骨を負う重傷を負いヘリで救助された。

 さらに、同日、中央アルプスの南駒ヶ岳では、兵庫県職員の49歳の男性が下山中に滑落し軽傷を負いヘリで救助された。

 以上、信濃毎日新聞5月2日付け朝刊が伝えています。

 北アルプスでは、遭難が多発し大変な事態になっているようです。気温が低くなったため雪が固いと言う情報もあります。
 十分に注意してください。


関連記事
長野戸倉山で高齢夫婦遭難 (05月28日)
川上村小川山で男性の遺体 (05月12日)
救助活動中の消防隊員滑落し重体 (06月25日)
首を骨折しても自力で下山 (05月01日)
山岳ガイドの男性遭難 (01月12日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):