本日 60 人 - 昨日 2359 人 - 累計 2048149 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

立山連峰の二人は救助

 立山連峰の雄山で、身動きが取れず救助を待っていた二人は無事救助されました。

 産経WESTによりますと、

【北ア雄山で遭難の2人発見 他2人の捜索も再開】

 富山県警山岳警備隊は1日午前、北アルプス立山連峰の雄山(3003m)で吹雪のため4月30日から身動きが取れなくなっていた会社員の女性(51)=東京都港区=ら2人を発見、無事を確認した。

 意識はあり、山岳警備隊員と共に下山中。

 近くにある真砂岳(2861m)で救助を待っている会社員の男性(62)=富山県砺波市=ら2人の捜索も再開した。

 県警によると、西山さんら2人は、山頂付近のほこらのような場所で待機していた。
 立山連峰の登山基地・室堂(2450m)近くのキャンプ場を拠点に2日まで周辺の山を登る予定だったが、30日夕、消防に助けを求めた。

 真砂岳で身動きが取れなくなっている男性は30日に1人で入山。
 同日午後2時ごろ「視界が悪く、自分ともう1人が行動できなくなった」と通報後、連絡が取れなくなった。もう1人とは山中で知り合い、一緒に行動しているとみられる。
 以上、産経WEST2016.5.1 17:19配信


関連記事
信州のアルプスで遭難4件 (08月15日)
南ア登山者150台下山できず (09月20日)
秋の北ア高齢男性二人遭難 (09月27日)
木曽駒ヶ岳で男性が死亡 (04月22日)
富士山遭難多発で警告 (12月08日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):