本日 3488 人 - 昨日 7185 人 - 累計 2587876 人
  • 記事検索

RSS

首を骨折しても自力で下山

 山梨県十二ケ岳で、滑落し首を骨折しながら自力で下山した男性が病院に収容されました。

 山梨県富士河口湖町の十二ケ岳で、東京都の65歳の男性が、下山中に道を間違え滑落し首の骨を折る重傷を負ったという。

 これだけでも大変なのことだが、男性は血を流しながら自力で下山し麓まで下りてきたところを別の登山者に発見され、ヘリで病院に収容されたと言います。

 安易に救助を要請することが問題となる一方、ここまで気骨な人もいるのですね。
 いずれにしても、無事救助され良かったと思います。

 一刻も早いけがからの回復をお祈りします。


 この事故を伝えた産経ニュースの記事は次のとおり


【流血しながらも自力で下山 山梨で男性滑落、首の骨折る重傷】

 30日午後0時50分ごろ、山梨県町富士河口湖町西湖の十二ケ岳で東京都東大和市狭山、アルバイト(男性)(65)が滑落して負傷したと、登山者から119番通報があった。

 (男性)はヘリコプターで甲府市内の病院に運ばれたが、首の骨が折れており、重傷。

 富士吉田署の調べでは、(男性)は30日午前8時ごろ、十二ケ岳に1人で登山に向かった。
 途中で道を間違えたため下山しようとして中腹付近で足を滑らせ、約5メートル滑落した。

 血を流しながら自力で麓付近まで下りてきた斎藤さんを、登山者が見つけた。



 以上、産経ニュース2016.4.30 22:54配信記事
 なお、記事原文は実名ですが、本ブログでは個人のプライバシーに配慮してあります。


関連記事
60代女性の重傷事故2件 (06月29日)
三件のヘリコプター事故が及ぼす影響 (12月07日)
空木岳で今年初の事故 (04月13日)
今度は天狗岳で滑落 (03月29日)
三連休中日遭難相次ぎ1人死亡 (10月09日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):