本日 1260 人 - 昨日 2359 人 - 累計 2049349 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

妙高山で遭難の男性収容

 新潟県妙高市の妙高山で、遭難したと思われたいた男性は遺体で収容されました。

 先日お伝えしましたが、妙高山へ登ると言ったまま行方が分からなかった東京都の男性は、登山道脇の沢で遺体で発見され収容されました。


 上越タウンジャーナルが伝えたところによりますと、

 妙高警察署は2016年4月28日、行方不明になっていた東京都板橋区の会社員男性(43)が、妙高山の登山道脇の沢で遺体で見つかったと発表した。

 男性は26日から連絡が取れないと、家族から捜索願が出ていた。

 発表によると、上空から捜索していた県警ヘリが27日に、妙高山の燕登山道脇の沢で男性の遺体を発見。翌28日に本人であることが確認された。

 同署によると、男性は冬山登山の装備を身に着け、登山道脇の崖から30㍍ほど下の沢に倒れており、頭や首、胸などの骨を骨折していたことから、同署では転落したとみて調べている。

 以上、上越タウンジャーナル 2016年4月28日 (木) 19:16配信

 故人のご冥福をお祈りします。


関連記事
白馬岳4人遭難死のガイド再び有罪 (10月31日)
常念で不明の男性見つかる (08月28日)
鳥海山の男性ヘリで救助 (02月28日)
西穂高岳で男性滑落 (09月12日)
岐阜バックカントリースキーで男性不明 (02月12日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):