本日 493 人 - 昨日 2972 人 - 累計 1659344 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

高谷池ヒュッテ周辺残雪2m

 火打山山麓の高谷池ヒュッテ周辺の残雪は2mということです。

 ヤマケイに寄せられた火打山高谷池ヒュッテの最新の情報によりますと、

 4月26日の朝、ヒュッテ前では薄氷がはったということです。

 残雪は例年と比べて2mは少ないようですが、ヒュッテ前には2m以上の雪があるようです。

 登山道は、笹ヶ峰登山口からは融雪し、木道が出ている場所もあるようです。
 残雪はあっても、今のところトレースもしっかりついているという。
 踏み抜きがあるので、ワカンがあった方が良いようです。

 アイゼンは6~10本爪のものが必携。雪が切れたりガスが出た場合は、道迷いに注意が必要だという。


 スキーは、富士見平より上で滑走が可能のようですが、例年のように笹ヶ峰からスキーを履いての登高は出来ないようです。

 笹ヶ峰から1Kmほどは、地面が出て木道も出ているため、標高1900mくらいまでは担いで登ることになり、沢筋はスキーの条件が悪くなっている。

 笹倉温泉に下る人もあったたようですが、かなり歩くことになったと思いますとのこと。


 火打山でもかなり残雪が少ないようですね。残雪が少ないことは、登山者にとってどう影響するのでしょうか。


関連記事
穂高で積雪10センチ (11月02日)
全国山岳遭難対策協議会開かれる (07月10日)
聖岳方面全面通行止め (06月02日)
木村大作の「春を背負って」 (07月08日)
長野県が火山防災対策を強化 (03月01日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):